過払いを理解する

過払い金は申告することで取り戻せる可能性が指摘されていますが、そもそも過払い金とは何かを解説しましょう。法律には出資制限法があり金利の上限は29.2%です。そして、利息制限法では100万円以上なら15%、10万円以上100万円未満なら18%、そして10万円未満なら20%が上限の金利と指定しています。利息制限法と出資制限法の間の金利がグレー損を呼ばれ、過払い金に該当します。

カードローンやキャッシングで10万円未満の利用をした方が20%以上29.2%未満の金利が適用されていると、過払い金が発生している可能性があり、申告することで取り戻せる可能性があると判断できるでしょう。

ただし、対象者が限定的なので、その条件も確認しましょう。2010年までに消費者金融もしくはクレジットカードのキャッシングを利用していた方が該当します。借り入れが2010年より前なら、完済していても返済中でも、申告をすることで過払い金を取り戻せる可能性があると言われているので、一度、契約書や明細書などの確認をお薦めします。

万が一、業者が倒産していたり、過払い請求の手続きが殺到しているようなことがあれば、取り戻すのが難しいケースもあるので、専門家に相談しながら検討できます。また、貸金業として届け出ていない違法な業者などが相手先の場合も手続きは困難です。